介護リフォームについて

模型の白い家

 年齢とともに身体能力はどうしても衰えてくるものです。  高齢の時期になると、どうしても不安になるのが介護のことです。  もちろん介護施設に入所するなど様々な選択肢もあるでしょうが、住み慣れた住まいで暮らし続けたいという希望も根強いものがあります。  しかし身体能力が次第に低下していく中で、以前と同じ住まいの状況では暮らしにくさを感じるようになってきます。  そこで必要となるのが介護リフォームです。  介護リフォームは、段差の解消や手すりの取り付けなど移動をしやすくする工事もあります。  そのほかにもキッチンやバス、トイレなどの住宅設備をより使いやすいものにするということもあります。  介護を前提としたリフォームをすることで、より住まいを暮らしやすいものにすることができます。

 介護リフォームはその住まいで介護を受ける人のためだけのものではありません。  介護をする側にとっても楽にできるような設備を取り付けることで、負担をかなり軽減することにつながります。  一般にリフォームをするためには、工務店などの業者に仕事を依頼することになるでしょう。  しかし業者の多くは介護リフォームの経験が浅かったり、介護保険により受けることのできる補助金の制度について知識がなかったりすることがあります。  介護リフォームを前提とする場合は、介護の分野のことにも経験のある工務店に依頼することでスムーズに工事がはかどります。  ケアマネージャーとの連携を図ることで、いっそう介護リフォームを円滑にすることができるようになるでしょう。